真剣SUNSHINE感想



こんにちは。
発売から3週間ほど経ちましたが、16枚目のシングル「真剣SUNSHINE」発売おめでとうございます!

各地で飛び交う「overをoverした」という言葉の通り、overの初週の売上を更新して26.7万枚を記録。こちらも快挙!本当におめでとうございます。

10人だったJUMPの最後のシングルがずっと1位で、ようやく9人でその記録を超すことができた。しかも無特典で3形態という正攻法!(?)

私は新規なので当時のJUMP担様の心境や貢献を全く語れる立場ではありませんが、純粋にとても嬉しいです。
涙ぐましい努力をして、ぐんぐん前へ進んでいく9人が好きです。
ファンとともにアイドルは成長するってやっぱり本当なんだなぁ。精神的にも身長的にも。
viva!9's SOUL!!
欲を言えばもっと前からJUMPを応援したかったなぁ…(笑)
今後の伸びを期待します!次はアルバムかな?


さて、この大記録を達成した真剣SUNSHINE。
前回のシングル「キミアトラクション」発売時にこちらにて書かせていただきました、「キミアトラクション感想」と同じように、今回は「真剣SUNSHINE感想」をお送りしていきたいと思います。

前回の「キミアトラクション感想」で、「共感した!」や「私もそう思ってた!」など暖かいお言葉をくださった方々、ありがとうございます…。
結構「お前誰?」ってくらい上から目線でバサバサ感想を言ってしまって、こりゃ叩かれても仕方がないと思っていたので、そのようなお言葉を頂き、救われた思いです。

単純計算2週間ほど、このシングルをじっくり聴きこんだ今の段階で、私が感じたこと思ったことを素直に綴って行きたいと思います。


思ったことをそのまま書きますので、少しでも読まれて不快になられた方がいらっしゃいましたら、そっとブラウザバックお願いいたします。




---------


真剣SUNSHINE


まじ陽の光!(直訳)
曲のどこを切り取っても夏っぽくて、聴いているだけで太陽サンサン照りつける常夏の白い砂浜とヤシの木のビジョンが頭に浮かんできます。
元気なトランペットの音色や、サンバっぽいホイッスルの音が夏らしさを盛り上げていますね!

私自身、夏ソングってタオル振りまくって「俺達パリピ〜!」感が強いのが好きではなくて普段あまり聴かないのですが、JUMPが歌うことによって爽やかさとかわいさがプラスされて、夏ソングなのに聞きやすかったです。
コンサートで盛り上がること間違いなしですね!
イントロの「おーおーー」というのが少しサッカーの応援ソングっぽいなーと思いました。


歌詞もヲタクが遊びやすい言葉がたくさん使われていてとても面白くなっています。
「馬鹿みたいに好きだ!」とか「一生好きだ!」とか。

君→「お前」や、僕→「俺」に一人称二人称に変わったことが話題になりましたが、いい意味で暑苦しい男感が増してていいんではないでしょうか。(褒めてる)


そして前衛的なパート割!
伊野尾さん歌い出しって新しい!度肝を抜かれました。
嵐担の友人も、有線で流れてきた真剣SUNSHINEを聴いて、「伊野尾くんが歌い出しなの!?」って驚いてましたから、それほどこのパート割は衝撃的なのでしょう…。

有岡くん「波打ち際ではしゃぐお前の姿」
光くん「今年の夏をさらに暑くさせてく」
こんなに2人にぴったりなパートありますか…。
普段ラップを担当している2人の声質にこの部分のメロディがぴったりあっている気がしました!

そして光くんの歌い方!
あまふわボイスや稲葉ボイス(笑)やRELOAD などの切ない歌声…。
さんざん光くんの歌い方には翻弄されてきて、もう出尽くしたやろ!さすがにもうこれ以上引き出しないやろ!と自分的に光くんの歌い方のレパートリーについては完結していたのですが、まさかの…ここで…!

「ことぉしのなぁつもさぁらにあぁつく さっせーてクー⤴︎ ⤴︎」

まだあっただと(号泣)


あの歌い方を言葉にするとなんでしょう。
オラついた歌い方?チャラついた歌い方?
とにかく夏ソングにぴったりな歌い方!!
自担がマルチな天才すぎて膝から崩れ落ちました。

語彙力がなさすぎて天才としか表現できないのが悔しいですが、光くん天才!好き!!
何年経ってもヲタクを飽きさせない彼のポテンシャルには脱帽させられます。


ここからは映像面の感想です。
まず謝りたい。
最初に流れてきた時、「衣装ダッセー!」なんて言ってごめんなさい!!!!

よく見たら、有岡くん曰く藍染めのきれいな紋様に黒地に金刺繍に金のしめ縄…。
めちゃんこオシャレやないかい。

ユザワヤ(有岡くん談)のぶらぶらの腰巻はよくわかりませんが、くるりと回る度に翻ってJUMPくんの細い太ももがチラリするのがたまらんです。(こら)
派手なよさこい衣装が好きな私には眼福以外の何ものでもありませんでした!

そして個人的「真剣SUNSHINE賞」は岡本圭人くん!!
テレビで見せる「乱れた髪掻き上げ」のモーションのドキドキ感!

「今日は掻き上げるの!?掻き上げるの!?掻き上げっ……っっないのね!!!かわいいっ!!!」

その瞬間毎度「半か丁か」と脳内賭博場が聞開かれて、1/2の確率を当てるのが楽しかったです(笑)
さんざん振られたMステの掻き上げ方は満点でした!掻き上げた後の周りのメンバーの圭人くんを見る目がぁ…優しい…!


そしてダンスなのですが…。
本人達も話しているように、ダンスであってダンスではない。
自由に動き回るところが多くて、Hey! Say! JUMPのぴったり揃ったダンスが好き!という方には物足りないのではないでしょうか。
かく言う私もJUMPのピシッ!ザッ!ザッ!シャキン!という感じのダンスが大好きなのでお仲間です。

ついこの間発売された2016年7月号P誌「9年目の自画像」。光くんでしたね。
彼の口から、というかJUMPの口から久々に聞いた気がする「Hey! Say! JUMPはダンスで勝負しよう」って言葉。
この言葉、もうすっかり忘れられているものかと思っていました。

一概には言えませんが、これだけ言ってることとやってることがチグハグだと、やっぱり今の路線は本人達の望んでいるプロデュースではないのかな〜と思っちゃいますよね。
真剣SUNSHINEを踊っている彼らはすごく楽しそうですけど。

事務所の悪い癖。他の仕事が忙しくなりすぎて、本来本業である歌やダンスが疎かになる、ということは避けていただきたいものです…。




We are 男の子!

リトルトーキョーライフの主題歌ということで思い出されるのがみんな大好き"我 I Need You"
We are 男の子!は我 I Need Youの続編?後継ソングと捉えて多分間違いではないと思うのですが…。

覚えていますか?
我 I Need YouはChau#との両A面シングルとして発売されましたよね?
しかし蓋を開けてみればテレビ披露なし、頼みの綱のリトルトーキョーライフもエンドロールにちょびっと流すだけという、A面曲とは思えない扱いを受けた不憫ソング…。

今回はついにA面ではなくなりましたね(笑)
おそらく我 I Need Youみたいにテレビで披露することはないのだから妥当な扱いだと思います。
両A面といって妙に期待を持たせるよりはいいですよね。

さて、この曲が4月28日に知念くんのうるじゃんで初披露された時、時間が無いからと倍速になってピッチが上がってるバージョンが流れ、JUMP担全員が頭にでかい「!?」が浮かんだことでしょう。
We are 男のの間違いでは、と。

あれが原曲だと思い込んだJUMP担さんは賛否両論述べ始めたのですが、私はすいません。
正直担降りまで考えました。

ピッチ変更して本来の声を歪めてまで可愛さアピールするのは違う。
声を高くして「女子ドルみたい♡かわいい〜♡」とやるのはヲタクのやること。本家がやってしまっては本末転倒だと思うのです。

結局それがラジオ側の問題だったと判明してからも、私はこの曲へのもやもやを抱えたまま発売日に。
改めて聴き直しました。

うん。かわいいね(涙)

原曲のピッチでも激甘わたあめソングだった(涙)

こんな激甘わたあめソングなのに、自担のパートが
「それなら野郎共集まれぃ」
オラついてますね〜。

2番歌い出しは幼女ボイスで
「みんなでいぃったカラオッケでぇ↑」

1度で二度おいしい!みたいな歌い方を披露し
てくれてうれしいです…!

歌詞はやっぱり男の子、女の子が主人公なので小学生の恋愛のよう…。
私の頭の中のヒロイン、完全にメゾ○アノの半袖Tシャツにデニムのミニスカートと白ハイソックスでピンクの運動靴を履いています。

そしてまたもや登場JUMP Girls (笑)!!
\JUMP/や\イェー/などの合いの手。これをコンサートで求められるわけですね(笑)
頑張ります(?)

この曲を可か不可かでいうと、「限りなく可に近い不可」です。すいません…。



Eve

タイトルからNEW AGEみたいなエレクトリックな曲を想像していたのですが、予想が大きく外れてまさかのバラード!!
薮くん曰く、「コンサート前夜の俺らの気持ちを歌った歌」らしいのですが、それにしては歌詞が重いのなんの(笑)

やっぱりバラードがどうも私は苦手で…シャッフルで流れてきたらすっ飛ばしてしまいます…。

ただCメロの有岡くん→薮くんの流れとっても好きです!
そして大サビの出だしの高木くんソロ!!
やっぱり高木くん歌がうまいなぁ……。目を閉じて眉間にしわ寄せて歌っている姿が想像できます。

あと光くん、あんなにきれいなビブラートできたんですね!驚きました。
全く…どれだけ驚かせれば気が済むのか…(満面の笑み)

「明日もしあの場所に来てくれたら全部伝えよう 受け止めてくれるかな」

受け止めるよ(泣)




パーリーモンスター


好き!!!!!!!!!!!!

歌いだしたくなっちゃうくらい楽しい曲ですね!
私は気に入った曲は自分でも演奏してみたい!と思う質の人間なのですが、この曲も演奏してみたいと思いました!!
とにかくロックが好きなんです!
Cメロで少し上がった調を、間奏で元の調に戻すところなんてもう最高。
7でここまでロックなのは本当に珍しいですね〜。

そしてJUMPの曲で、しかも7の曲でこんなに圭人くんの声を聴いていられるだなんて信じられない。
初めて聴いた時は感極まってしまいました…(誰担)

歌詞自体は「行こうぜ!さぁ来いよ!パーリーパーリー!」という、いつもの7の全力前向きソング。
ひとつ違うところと言ったら、圭人くん独走ってこと…!!
ネイティブの英語の発音がすごい…。

普段メンバーのジャパニーズイングリッシュに合わせてるという圭人くん。
合わせることも大事だと思いますが、私としては正しい発音を聴きたい!と思うことがよくあります。なにしろ言語学部なので。

この歌を聴いていて「圭人くんのびのびしてるな〜!」と感じました!
英語で喋っている時の圭人くん別人格じゃないかってくらい自信に満ち溢れてて好きです。
顔文字で表すと、(´・_・`)→(*`Å´)

他のメンバーの英語の発音もいつもよりネイティブに近くて、圭人くんに教えてもらってたら可愛いな〜なんて…(笑)

まるで良質な洋ロックを聴いているかのような気分にさせてくれるこの曲が、私の中のベストオブ真剣SUNSHINE楽曲賞です!!!

エクスタシーーー!!!絶頂ーー!!!



Speed It Up

スリル以来?のBESTの激しめソング。
でもテイストはスリルと似ていても、ここまでギラギラした音楽は初めてじゃないですか?
発売前の情報ではかっこいいダンスナンバーで、高木くんの甘いセリフがあるとしか聞いてなかったので、ここまでセクシーな歌詞だとは思ってなくてぶっ飛びました。


参考(以下引用すべて月刊TVガイド2016年6月号)

Hey!Say!BESTのユニット曲「Speed It Up」は、ライブのことを考えて決めたよ。BESTっていつもふざけてるから、ガシガシ踊れるようなかっこいい曲があれば、ギャップを見せられてよくない?って。
間奏に電子音がいっぱい使われていて、アクセントっぽいダンスとかできたらいいねって話したり。ちなみに高木くんの甘いセリフがあるんだけど、きっと、キュン!!ってなるはず(笑)
(薮)

「Speed It Up」は大人っぽい歌詞でバリバリ踊れるようなダンスチューン。歌い出しは僕なんだけど、イントロの勢いがある感じが好きだから、その勢いを崩さないように歌いました。途中に高木(雄也)のセリフがポイントだね。3パターンらい録ったらしくてどれが採用されるかわからないけど、そこは聴きどころ。
(八乙女)


いつからセクシーじゃないって勘違いしていた…( ◜◡◝ )?

パトカーのサイレンの音から始まるこの曲…。
今からツアーのBESTコーナーが楽しみすぎる(笑)
警官服とかだったらどうしよう…連行してくだサァイ……。
そしてダンスには腰振りがあるに違いありません。
どうしよう。コンサート会場からみんな抱かれたみたいな顔で出てくるのが容易に想像できます。


全体の印象は、「BESTお兄さんついに本気出した!」

サビ前まで4人で歌ってて、サビ手前で薮くんが美しすぎる咆哮でかっさらっていく…最高…。
4人がまるで薮様の歩くレッドカーペットを作っていってるかのような……。

BESTって演出はみんな和気あいあいとしているんですが、歌割りは結構7以上にヒエラルキー感じてしまいます。
絶対頂点薮くん→隣の少し下に光くん。
薮くんの対抗勢力(声力?)として高木くんがいて、少し下に有岡くん。
そして光くんと有岡くんの下に伊野尾さん。

伊野尾さんのパートが0ということは流石になくなりましたが、それでもまだこの均衡を保ってる雰囲気を感じます。
耳触りはとってもいいんですけどね!BESTの歌声大好きです!

今述べたのは、あくまで私が感じてるだけですのでお構いなく!

つまり私が言いたいのは「BESTお兄さん達かっこいい」ってことです。
これに尽きます。(内容がない)
エロいしギラついてるけど、美しい曲だなと思いました。

コントで全力でふざけるのに、淑やかに踊って切なげに顔を歪ませるし、ゴリゴリ踊って汗キラリするし、こんなの虜にならないわけがない〜!!
まさにBoys Excellent Select Team…。

あと間奏の時計の音がコンサートでのアレンジバージョンの僕はvampireみたいだなって思いました。


-----

扨、1曲1曲感想をつらつら書いてきましたが、今回のこのシングル。
僭越ながら私の中の好きな曲ランキングをつけるとしたら、


パーリーモンスター ≧ Speed It Up> 真剣SUNSHINE > We are 男の子!> Eve


となりました!

前回のキミアトラクション感想でも書いた通り、好きなパート割とかではなく好きなメロディで決めているので、結果がこうなりました。

≧はほぼ同着です。
しかし、真剣SUNSHINEのアルバムを選んで「さぁ最初にどれを聞こう」となった時、ポチッてしまうのはパーリーモンスターなことが多い…というか100%そうなので、パーリーモンスターを1位にさせていただきました!


正直、真剣SUNSHINEは私の心に刺さらなかったです。

聴くシチュエーションが限られるのと、簡単なダンスと言っていますがそんなに簡単じゃないですよね!?足さばきとか難しいですよね!?
申し訳ないですがこれは代表曲にはならないのでは…と。というかなってしまったらちょっと困ります。
やっぱりJUMPはダンスで戦って欲しい。

しっかり踊ってるけど真似しやすいウィークエンダーの方がよっぽど代表曲に向いていると思います。
でもやっぱり、まだUltra Music Powerに勝てるものはいない……。

そして男の子との溝はまだ埋まりきっていません。時間をかけて見守りたいと思います。
語弊ありまくりの書き方しましたが曲の話です。(笑)

Eve!バラード!苦手!ごめんなさい!!



好き勝手書いてしまい申し訳ありません。
ブログってそういうもんだ、と割り切ってくださるとうれしいです。

また目で見たら変わることもあると思いますので、とどのつまりコンサートが楽しみです!
その前に…全曲披露されますかね?(笑)


閲覧ありがとうございました!