読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がJUMP担になったわけ

こんにちは!
以前Twitterにて、ブログについてのアンケートを取らせていただき、

「JUMP担になったきっかけ」38%
「ヲタ関連品収納術」31%
「遠征時のカバンの中身」31%

という結果がでました。
今回は1位の「私がJUMP担になったきっかけ」について語っていきたいと思います!
ほとんど票差のなかった他の二つもおいおい取り上げていきたいとおもいます!
たくさんのご投票ありがとうございました♡


高校3年生の12月。
私はクラスの仲のいい9人組と残り少ない高校生活を謳歌していました。
今思えばこの数字。奇跡ですね。9人組。
奇跡はここから始まっていたのかもしれないです。

その中には
ゆなぬん。 (@yn___nu) on Twitterと おこげ▽おっけい (@8ura_okoge8) on Twitterもいます。

9人組の中の唯一のJUMP担(デビュー当時からの山田担)のSさんと私はよく授業中に「当てはめゲーム」をしてました。
当てはめゲームとは、キャラクターを9人組のメンバーにあてはめていくという可愛らしい(?)ゲーム。
最初は私が持っていたスヌーピーの下敷きに描いてあるキャラクターの当てはめゲームでした。
私「この小さい黄色い鳥はおちびだよね~」

(9人組の名前はおこげのブログのこの記事

inyk8okoge8.hatenablog.com

よりお借りました。この記事に出てくる「ひかにゃんぺろぺろ」といってる気持ち悪いN氏が私です。こ れ は ひ ど い)



もちろん人数がぴったりなので、SさんはJUMPと私達9人組を当てはめていきます。


S「おちびは小さいし、ツンデレで小悪魔なところ知念にそっくり。ゆなぬんは1人でずっと騒いでて、奇怪な行動してておしゃれなところが裕翔っぽい。」

こんな感じで当てはめていき、

S「ぺぺとめは絵描くとことか、よく冗談を言うところとか、よく怒る(おい)ところとか、楽器やってるところが光っぽい。」

この一言がそれまで全く違う次元にいた八乙女くんという点と私という点が繋がった瞬間となりました。


その時は、八乙女くんのことは全く、名前すら知らず(驚かれました)、『歌舞伎役者みたいな名前だな~~』と思っただけでした。

(後後気づきましたが、私はHey! Say! JUMPの曲は割と知っていて、歌える曲も数曲ありました。メンバーの名前は山田、知念、高木以外知りませんでしたが。)


そんな折、お分かれ会の話がクラスで持ち上がり、有志のパフォーマンスをやってくれる人はいないか、という募集がかかりました。

すると9人組のリーダー格Sさんが、
「ねえ。みんなでJUMPやらない?」

この魔の一言により、何か高校最後の思い出作りをと軽い気持ちでみんな案に乗り、前に割り振られた役(ここではややこしいので担当ではなく、役と呼びます)で各々の役のダンス研究が始まりました。

主な教材は発売されたばかりだった2013 全国へJUMP のDVDです。

1人のダンス経験者(バレエ)を除いてあとは全員ダンス未経験。
簡単そうな振り付けかつ皆が聴いたことがあって盛り上がる曲をツアーDVDを円卓を囲みながら見ながらセトリについて話し合います。

その結果、決めたセトリはこちら。



Ultra Music Power
Come On A My House
7のMC
BESTコーナー
スクールデイズ
7コーナー
脳内☆Dance
瞳のスクリーン
---
アンコール
真夜中のシャドーボーイ
Come on a my house

謎の充実感



早速、各役割の人のダンス研究が始まりました。
DVDを見るのは放課後の教室。
机をすべて後ろに下げ、イスをスクリーンの前に並べ研究。
リーダーSさんはリモコン片手に腕を組んでスクリーンの隣に立って操作。

その様子を覗いていた隣のクラスの人に
「Sさんに怒られてるのか、宗教団体かなにかかと思った」
と言われました。
これを言われた時点でもう、少し人として終わっていたかもしれない。


そんな感じで私はずーーっとずーーーっと毎日八乙女くんを見続け、ダンスのクセも喋り方も煽り方も完璧。
でも、これだけ毎日見ていても「絶対にハマらないようにしよう」と心でセーブしていました。

なぜなら、その時私は嵐が好きで、嵐関連だけでも出費が酷かったからです。
嵐関連のCDや雑誌で高校生には痛い出費。その上にJUMPが重なったら悲惨なことになる…!!と思い、このお別れ会の役が終わったら完全にJUMPとはシャットダウンし、いつもの生活に戻ろうとも考えていました。

でも、それが出来なかったことは今の私を見ていただければ一目瞭然です。
結局、JUMPと私を切り離すことができませんでした。なぜ…?


同じ真似をするにも、この人の性格や行動も知りたくなってくるのが、変なところで完ぺき主義者の私。

調べてみると、ちょうど次の日、私の住んでいる地域では「ダークシステム~恋の王者決定戦~」の第二話が放送されることを知り、急いで録画しました。

すごいタイミングですよね。

そしてドラマを見てみると、「なにこれ」

まぁ。反応はこんなもんでした(笑)(失礼ですが、おそらくあのドラマを初見で全面的に傑作だという人は少ないでしょう…)


嵐のために買ったテレビ誌にも、偶然八乙女くんがドラマについてインタビューを受けているものがあり、「この人はどういう人なんだろう?」と読んだりしました。


ドラマを見たり、画像を漁ったり、エピソードを漁ったり………。

…もしかして…八乙女くんってかっこいい…?最初は面白い人って情報しか聞いてなかったので、三枚目芸人枠なのかなぁと思ってたのに、よく観察してみるとかっこいいお顔だしダンスは力強くてしなやかで上手だし……。



あれ?……………いつのまにか私…


八乙女くんが好きだ(笑)




とこんな感じで私は見事、JUMP担、八乙女担になりました。


こんな複雑なハマり方をしたので、「何出なの?」と言われたら困ってしまいますが、基本「ダンス出」と答えています。

ダンス研究がきっかけだったし、何より人のダンスを見てこの人の踊り方好きだなぁと思ったのが生まれて初めての経験だったので…。



好きだ!と心の中で決まってしまったら最後、どんどん突っ走ります。

まずは、ジャニーズといったらファンクラブ!よしファンクラブに入ろうと思い立ちました。
でも、ジャニ嫌いだった私がファンクラブに入ろうとしている…という事実が受け入れ難く(嵐も加入してなかったので)、オアシス21で学校帰りにゆなぬんとおこげと私で、さながら碇司令のごとく腕を組み頭を抱え悩み抜きました。



参考画像 碇司令(エヴァンゲリオンより)
f:id:pepena0723:20160227004025j:image


参考画像 名古屋人の心のオアシス(商業施設) オアシス21
f:id:pepena0723:20160227004028j:image



「この感情は一時的なものかもしれない。私は毎年好きなものがどんどん増えていくタイプだし、長持ちするタイプじゃない。ファンクラブに入ってもすぐにやめてしまうんじゃないか」


そんな葛藤をオアシスで2時間ぐらい(笑)

結局、Sさんの説得もありファンクラブに入ることに。



そこからは急激に私の中のJUMP愛が加速していきました。

お別れ会当日、Live with meの開催が決定!発表を終え、楽しかったねーと話している時にメールが!!なんてタイミング!!

そして初めてのコンサート、全ステを経験し、5月には光くんが舞台をやることを知り、チケットの申し込みは終わっていましたが、チケットが沢山出回ってたこともあり東京大阪と2度観劇させていただきました。

八乙女担の方、殺風景を観劇した方ならわかると思うのですが、あの舞台をみたら降りることなんで本当に絶対できないですよね(笑)



……で、他の人たちはどうなったかって?

圭人くん役、伊野尾くん役以外、ぜーーーんいん!!割り振られた役の人の担当に落ちました。(薮くん役だったおこげはその後伊野尾担になりましたが)


誰も担当かぶりしないなんて、こんなミラクルありますか(笑)

機会があればJUMP本人達にも知ってもらいたいもんですよ(笑)!

おかげで今も頻繁に集まり、JUMP縛りのカラオケ大会をしたり、DVD鑑賞会をしたりとても楽しいヲタライフを送れています。

友人達に感謝。そして私達を集団洗脳したSさんには一生頭が上がりません。



---------------

長々と語って来ましたが、これが私がJUMP担、八乙女担になったきっかけでございます。

ハマった当初は「JUMPはそんなに活動忙しくないしお金や時間やHDDの出はゆっくりだろうな~~」と鷹をくくっていました。

それが何ですか……!!!最近のブレイクは…!!!いい意味で裏切られました(笑)!


とにかく、今はHey!Say!JUMPのファンになれて心から良かった思いますし、JUMPや光くんについて色んな方とお話できるのはとても楽しいです。

すべての人に、状況に、JUMPに感謝しております。ありがとうございます。

38%の方、こんな感じでいかがでしょう?(笑)

JUMP担になってからは、新しいものに目移りしなくなりました。毎年好きなものが増えていたのにここのところ増えていません。
やっと安住の地を手に入れたのかも知れません。
これからも私なりにJUMPを応援していけたらな思っております。
ご清聴ありがとうございました。

2015.2.27
ぺぺとめ